自分がいいと思うものを広めたい人はこの動画をみるとヨイと思う

 

これがいいと思うことを仕事にしたい!

好きなことを仕事にしたい!

と起業したからには誰もが思うもの。

 

でも、なかなかお客様に届かない。

お客様がこない。

 

なぜそうなるのか?

ずれが起きるのか?

わかりやすい動画があるので、シェアしますね!

 

 

この中で

「プロダクトアウト」という言葉が出てきます。

自分が売りたいものを「はいどうぞ」と提供することです。

「好きなものを売る」ことに近いです。

 

もう1つ出てくるのが

「マーケットイン」

これは、ニーズがあるものを「はいどうぞ」と提供することです。

いわゆる「売れるものを売る」ことです。

 

 

相談者は、自分が宿泊施設を持っているのと、お兄さんが引きこもりであることから

不登校の子どもたちが集まる宿泊を考えました。

でも子どもたちは集まりません。

 

供給とニーズとのミスマッチです。

 

 

堀江氏は

「これって誰得?」

「要するに、不登校でニートになった兄を良くないと思っているんだよね」

という事をいっています。

 

 

相談者さんは

・自分が宿泊施設をもっている

・兄を何とかしないといけない

・そういう家族をもつ自分だから力になれるのでは?

という事で動いたのですが

自分の思う「こうすべき」や「出来ること」だけで考えて

ニーズを把握していなかったのですね。

 

 

好きな仕事をするときは

自分の思いや利害関係だけが先走ってしまい

「顧客は本当に欲しがっているか?」

という視点が抜け落ちてしまっていることがよくあります。

 

 

この動画は例がわかりやすいので、そのことがよくわかります。

ぜひ見てくださいね。

 

 

 

個人的には「好きなことを売る」人は大好きなんです。

だって、夢があるじゃないですかー。

 

たとえ売れなくても、違うわ!と言われても

ものともせずに、突っ走っていくぐらいの気概が欲しい!

そういう人を見たいなと思っています(*’▽’)