中学時代のたった1回の音楽の魔法の記憶 

昨日のレッスンで出た「天からの音をおろす」ということ。

 

あ~なんか知っているはずなのに、思い出せない。

と1日ずっと思っていた。

 

だから、寝る前に、天の音をおろすってどんな感じだったっけ…

思いながら、うつらうつらしていたら。

 

急に演奏がはじまったのよ。

こころ?体全部?の中で。

 

それは中学時代のNHKの合唱コンクールの自由曲で。

 

ある日の、ある演奏なのだけど。

机の位置やピアノの音、指揮の先生の顔まで、再現されるかのように演奏がはじまった。

 

1音目がでた瞬間に「何が起こりはじめたの?」と思ったぐらい、すんだ空気がはりつめていた。

へんな話だけど、歌ってる最中に、何かに動かされているような

わたし達の力ではないという感覚があった。

力がまったくいらない。

それなのに、すべてが納まっていく。

ちょっとこわいぐらいの感覚。

おわった瞬間の「これが音楽なんだ。わかってしまった…!」っていう歓喜まで思い出した。

先生が終わった瞬間に「ブラボー!!」って心底うれしそうに叫んだ。

 

 

そうそう、これを私はもう1回感じたくてねえ…。
1回感じてしまったら、もう魔法に魅入られたようなもの。
だから、わたしはずっと音楽から離れられないのだった。

 

 

その感触を思い出すことができて、本当にじーんときた朝でした。
願わくば、その瞬間が本番、いや毎回きますように…(*´Д`)


滅多にこないこの瞬間。このためにずっと練習(音楽の筋トレ)するワケだー。

 

 

 

音楽人生の関連記事

毎回暇つぶしからはじまる音楽人生 小学校から現在までのストーリー

毎回暇つぶしからはじまる音楽人生 小学校から現在までのストーリー

細みのフロントマンに憧れる秋元康

https://indigohorizon.info/?p=32