細みのフロントマンに憧れる秋元康

ひそかに「大人の女子校」の岡崎校長のレクチャーを

スカイプでちょくちょく受けています。

 

なんでって…

とにかく話がおもしろい!というのもあるんだけど

爆笑させつつ突っ込んでくる「一言」が、すんごい核心をついているので

私の中で「すげー!」「何者なんだー!!」「知りたい」という気持ちがすごく強いんだなあ。

 

で、そんな岡崎さんのブログの「闇」と「影」シリーズが

おもしろくって

いつもブフォーってなってますよ(*’▽’)

【闇】と【影】シリーズ

 

で、この話は「ないものねだり」の話なのです。

人はこんなにも自分にないものを延々と追いかけるもんなんだなーという話。

 

これって私自身にも当てはまるんじゃないかなあと

振りかえってみると…ある…あるある…!

 

わたしですね、今もなんですけど

「職人」「専門職」にものすごい憧れをもっていて

「こだわりの」とか「高度な専門知識」がかっこいいと思ってるんですね。

 

和裁のめっちゃ厳しい修行もしたしね~

 

 

で、よく考えると、それ今もやってるわ…

このブログとか専門家めざそうとしてたー。

うわ~違う予感100%(笑)

そういえば、すぐ修行系に走ってしまうのも「専門職へのあこがれ」もあるかも。

 

もう1つ私が憧れてやまないものといえば

「細み」。

 

とにかく、細い女子になりたい!

男性もちょい細いのが好き!

歴代の彼氏が全員ちょい細み!

マッチョはまじで論外!

うちの夫もシュッとしてたから結婚した!

 

 

そして、この「専門性」×「細身」

と私が好きな音楽があわさった結果…

 

 

あこがれの極みは

ギターソロを早引きで弾きまくる

Tシャツの中で体が泳ぐような細い女子ギタリストだった。

 

理想はチャットモンチーのえっちゃんだった。

理想形。

 

これはけっこういけるんじゃないかと思った。

だってクラシックギターやってたし

(クラシックはエレキの数倍難しいのだ)

とにかく痩せればいいんだろ!と思ったしねー。

 

 

 

それで

ダイエットは年中やってたし

ギターの練習も頑張ったし

バンドにも入ったのよ、紅1点で。

 

 

でも、痩せても痩せても、なんか太いし

ギターもどうしたって早弾きが出来ないしねー( 一一)

なんか違うのよなんか…

どうやっても、えっちゃんにならないのよ。

儚げなフロントガールにならないのよ!

 

 

でね、それからずーっと

そんな人になりたくて

ずーっとダイエットしてるんだけど

1回も儚げになったことねーの!

専門家にも結局なったことねーの!

 

 

と、そんな話を岡崎さんにしたところ

「秋元康なんだからしょうがないでしょ!」

と言われて、えーわたし秋元康なんだってはじめて知る(*´Д`)

 

 

そっか秋元康だから、儚げなフロントマンにあこがれてたんだろうなー。

ないものねだりってやつなんだなー。

ないものねだりに40年以上費やしてきたかもしれんー(笑)

 

自分が追い求めてきたもの。

振返るといろいろ見えてくるね。