人のこころを動かす文章を書くコツはオススメしない事

 

先日書いたある文章に

「説得力がある」

とおほめの言葉をいただきました。

 

「あなたの紹介をよんで買いました」

そういったご報告をいただくことも多いです。

 

このブログは

息抜きで書いているブログなので
気合いをいれて書いたものはあまりないのですが

本業の仕事であれば、2~3行のフレーズであっても

それが出てくるまで2~3日考え続けていることも多いです。

 

ただ書けば

売れたり

人が集まるわけではありません。

 

これまで15年にわたり

ブログやHPで文章をかき

コミュニケーションをとってきた経験から

いくつかの文章のコツが

私の中にあります。

 

SNSやブログでの発信をみていると

イベントでもセミナーの募集でも物販でも

「あ~それでは売れないなあ」

「商品はいいのにもったいないなあ」

と感じることが非常に多く…。

 

そこで、時々ブログにて

「人の心を動かす文章を書くコツ」を

書いていきたいなと思っています。

 

今日は

「オススメしない」

という副題をつけてみました。

どういう事だと思います?

 

人のこころを動かす文章の基本 あんたの感想を聞きたいのよー

まず最初にこれから書く話は

個人のブログや発信に限る話です。

(発信者やターゲットによって書き方が違うんですよ)

 

例えば、イベントの紹介をしたり

自分や誰かの商品をすすめたりするときです。

 

よく見かけるのが

「ホームページを読めば書いてあること」

「どこかで読んだ文章をつなぎ合わせた」

紹介。

 

 

どスルーされます。

 

 

悪い訳ではなくて

やらないよりはマシなんですが

一歩すすむために

ちょっと考えてみてほしいんですね。

 

 

「なぜ人はSNSで情報を得るのか?」

「何かを買うときに検索をしたら、どんな書き出しの文章を読みたいか?」

という事を。

 

 

答えはどちらも

「素人の正直な感想」

です。

 

 

何かを買うときに

裏付けが欲しいんですよ。

それが現代では「素人の正直な感想」なんです。

 

 

だから

食べログや価格COMの感想欄は

いまだに参考にされるし、みんな読むし

Yahoo!知恵袋で質問したりされたりするのです。

 

 

いくら物を買うときに

会社のホームページで

「こんなにすごいんです!」と

きれいな写真でアピールされても

もう、今の消費者は買おうと思わないでしょう?

あなたはいかがでしょうか?

 

 

だってそんなホームページばかりなんですから。

それが、嘘かホントかわからないなんて

みんな知っているんです。

 

 

じゃあ何を知りたいかというと

「ほんとのところ、どうなの?」

って部分です。

 

 

「正直、あんたはどう思ってるんじゃ!」

という部分です。

 

 

だから
「整った文章」であったり
「めっちゃ綺麗な写真」が必要なわけでは
必ずしもなく
※あった方がいいですが

 

 

「とにかく素人が詳しく、一生懸命につづった文章」

というのが

一番読みたくなるし説得力があります。

誤字脱字が少しぐらいあってもかまいません。

むしろ、私はわざとそのようにする事もあります。

 

 

だから、個人が紹介するときにオススメすると
説得力がなくなっちゃうんです。

なぜかというと

オススメした途端に、売る側のサイドに立ってしまい

素人ではなくなるからです。

 

 

素人が文章を書いていて

素人の正直な意見がききたくて読まれているのに

売る側(販売側)にたってしまったら

その時点で読んでいる人は「な~んだ!」と興ざめして離脱します。

※離脱とは途中で読まずにほかのページにいく事です

 

 

 

・自分がどう感じたのか?正直に熱くかたること。

・自分の心の底から湧き出る言葉を使うこと。

 

この2つを意識して書くと

素人として説得力のある文章になります。

 

人のこころを動かす文章は追いかけさせる。

 

ここで、恋愛をした方、お付き合いをした方は
ちょっと思いだしていただきたいんです。

 

追いかければ追いかけるほど
逃げられませんでしたか(笑)

 

不思議なことに
こちらが相手にさほど執着せず
自分がおもしろいと思う事に夢中になっている方が
相手がどんどん寄ってきます。

 

文章やセールスも同じなんです。

 

オススメするほど逃げられ
執着するほど避けられます。

 

だからといって
オススメするなという訳ではありません。

 

だって、オススメしないと
読んでいる方はイベントや商品の存在さえも
知らないことになりますもんね。

 

やり方としてはこうです。

1.自分の思いを熱くかたる

2.最後にイベントやサービスのリンクをそっとおく

 

そう、あくまで

そっとお知らせだけする

のがコツです。

 

 

恋愛と一緒です。

 

魅力を思いきり振りまきながら
「どっちだっていいわよ?」と
そ知らぬフリをしてください。

 

追いかけさせるんですよぉー!

 

 

まとめ

イベントや販売をWEB上でするときに
どうしても必要になってくる文章力。

 

何か特別な技があるんじゃないかなーと思いがちですし
そういった本もたくさんありますが。

 

わたしは「うまい文章」が必要なのではなく
文章が自然であるかどうか、だと考えています。

あー!この自然であるかどうかって
ものすごーく重要なとこなんで
見える化、言語化したいな。

 

文章は場数です!
たくさん書いて
その中でも反応がよかった文章を元ネタにして
いろいろと書いてみましょう。

 

それでは!