タイプ別ブログ運営 頑張らずにうまくいくコツ【TA編】

 

仕事のためにブログを書かなくてはいけない方から

 

「ブログに何を書いたらいいのかわかりません」

「ブログをかけません」

「書く気がおきません」

 

こんなお悩みをたくさん聞いてきました。

 

 

色んな方のお話を聞くうちに

ある共通点に気づいちゃったんですよね。

 

 

実はですね

タイプ別での

「つまづきポイント」

「うまくいきやすいポイント」

があるんです(^^♪

 

 

今回は4つのポジショニングの中の

TA(トップアタック)のタイプの方の

頑張らずに「ブログ運営がうまくいく方法」

解説していきます。

 

4つのポジショニング TA(トップアタック)とは

 

4つのポジショニングとは

人がもっている特性をTA・BA・TS・BSの4つに分けたものです。

「あなたは絶対にこれ!」と決まっている訳ではなく

全部のポジションをみんな持っていて一人ずつ違います。

 

 

 

人によって、どのポジションが多い、少ないがあります。

Aさんは、TAの量が多くて、BSの量が少ない、といった感じです。

 

それによって、仕事の向き不向きが割とわかっちゃいます。
ええ…恐ろしいほどに!

 

今回はこの中でTAさん(TA要素が多め)のブログ運営の

「つまづきポイント」

「うまくいくコツ」

を解説していきますよ!

 

TAさんのブログ運営のつまづきポイント

さて、TAさんてどんな人かというと

こんな人。↓

TA(トップアタック)=演劇では主人公
・攻撃的、前のめり、積極的、勝つ、速さ
・対面が得意
・営業にいく、DMをかく、クロージングする、集客する
・主な仕事→営業・販売促進

 

全員が完全にこう、という訳では全くないし

他のポジションの要素が混じっていたりもしますよ。

 

マンガでいうとワンピースのルフィをイメージしてもらえばOK!

 

このTAさんのブログでの「つまづきポイント」は…

 

・続けられない
・お役立ち記事を書けない
・書く気すら起きない

 

なんですねー。

 

どうしてそうなるのか?を解説していきます。

 

TAさんのつまづきポイント「続けられない」

TAさんのお悩みNO.1が、この「続けられない」!

 

それもそのはず。

TAさんのいい所は「勢いがある」「爆発力がある」「速さ」です。

 

考える前に、まず動く!

注文も早い、興味があれば飛びつく。

口ぐせは「まずはやってみよう」。

 

という事は…?

 

当然、日にちがたてば勢いは弱まり、次の興味に気がうつり…

となっちゃいますよね。

 

でも、それって悪いことではないのですよ。

爆発力や速さの裏返しなのです。

 

という訳で、TAさんが「続けられない」のは当たり前のことなのです。

でも大丈夫!それを解決する方法があります。

 

TAさんのつまづきポイント「お役立ち記事をかけない」

 

これもよく聞く話です。

ブログではよく「お役立ち記事を書きましょう」と言われます。

この記事もそうです。

 

ところがですね…

世の中にはお役立ち記事を書くのが

とても苦手な人がいます。

 

TAさんは比較的こういった事が苦手です。

 

というのはお役立ち記事って
書くまでに手順がたくさんあるんですね。

 

一歩ひいて人のことをちゃんと見ていないといけないし

何に悩んでいるのかを観察しないといけないし

その解決方法をいつも考えていないといけないし。

 

前のめりで自分ルールのTAさんには

結構苦手なことなんです。

 

人のことを書こうと思っていても

自分の話になったり

自分が興味のある話になっていたりします。

 

でも大丈夫。

解決策がありますよ!

 

TAさんのつまづきポイント「書く気すら起きない」

 

「書く気すら起きない」これもよく聞くお悩みです。

 

これは慣れもあります。

新しいことは誰でもハードルが高いので

えいやっと1か月ほどやってみると

意外と書けることがあります。

 

ただTAさんの場合は性質とかなり関係することもあります。

 

どうしても書けない。

そんな時の解決策もあります。

 

TAさんのブログ運営がうまくいくコツ

これまで3つの

・続けられない
・お役立ち記事を書けない
・書く気すら起きない

を説明してきましたが

 

いよいよ

TAさんの性質にあったブログ運営のやり方

を説明していきますよ。

 

一番大事なポイントはこれです↓

 

 

TAさんは

すぐにご褒美がでる×繰り返し

で進めましょう。

 

 

 

 

これはブログに限らず何でもそう!!

 

 

このご褒美は人によって違います。

 

 

・人に褒められる

・お金がはいる

・異性にほめられる

・コミュニケーション

 

 

まず「自分に効くご褒美はいったい何か?」を

つきとめてみましょう。

 

 

 

ちなみに私はレスポンスがかえってこないとすぐに萎えます。

ブログだけを書いているときは、全くダメでした。

SNSで感想がかえってくると、めっちゃやる気がでます。

 

 

過去に自分がうまくいった時のことを思い出すといいですね♪

 

 

いったいどんな時に「続きましたか?」

やる気が起きましたか?

 

 

共通しているものがあるはずです。

 

 

そこにヒントが隠れていますよ。

それを再現してみましょう。

 

 

そして、そのご褒美を

すぐに何回もたくさん受け取れるようにするのが

TAさんがうまくいくコツです。

 

繰り返しますが

 

すぐに何回も

 

です。

 

 

3か月後にご褒美が…とか

1年後に結果が…とか無理なんです!!

あこがれるかもしれないけど諦めて(*’▽’)

 

お役立ち記事を書かないで売る方法

さて、次に「お役立ち記事をかけない」お悩みですね。

これは一番シンプルなのが

 

そもそも「書かない」という方法です。

 

そんな方法があるのか?という感じですが。

あるんです!

 

 

自分自身をみせる

 

という方法です。

 

 

芸能人でいうと「椎名林檎」さんみたいな感じです。

 

 

劇場型

カリスマ型

です。

 

本人の生きざまを、才能を魅せまくる。

ノウハウではなく、本人自体にファンがつく。

こうなるともう何でも売れます。

 

 

ただ、誰でもそうなれるかというと

難しいなーーー。

 

 

そうなる人は、なりたくてなっている訳ではなくて

そういう形でないと生きられない

と表現する方がふさわしいかと。

 

 

「なりたい」と思ったり

教わろうとする時点で

違うことが多いですから。

 

 

それでもお役立ち記事を書く方法

でもでも…苦手だけどお役立ち記事を書きたい!

そんな場合はこの方法をとってみてください。

 

 

1.自分がこれまで会ったお客様の中から1人だけ選びましょう

 

2.あの方ならこんな事を聞いてくるだろうなーという質問を書いてみましょう

 

3.質問への答えを紙にかきましょう

 

 

これでOKです!

これをブログに書きましょう。

 

 

TAさんは、実際に会った事もない人のことを

「調べる」「想像する」といったひと手間が

苦手な場合が多いのですが

 

実際にいる方

 

をモデルに書くようにするとうまくいきやすいですよ。

 

 

書く気すら起きない⇒書くな!

 

書く気すら起きないときも、解決策はいろいろあります。

 

今回はこの3つ。

 

・人に書いてもらう

・動画や声のブログにする

・ホームページだけにしてブログは書かない

 

 

●一番手っ取り早いのは「人に書いてもらうこと」

 

セミナーに払うお金で人に書いてもらった方が、ずっと進みます。

習って書けるようになったこと、あります…?( 一一)

 

●動画や声のブログにする

 

文字を書くのだけがブログじゃありません。

書くのはいやだけどしゃべるのはOKという人は結構います

音声でのブログはどうでしょう?

NOTEやアメーバブログでもできますよ。

 

●ホームページだけ作ってブログはかかない

 

ブログを書けばうまくいく、というものでもありません。

ブログにしばられないで、頭をやわらかくしましょう。

口コミ、営業、対面だけでうまくいっている人はいっぱいいます。

書く事はいやだけど、出歩くことやチラシでお客様に出会えるのなら

そちらの方に力を入れた方がいいのです。

 

ただ、メニューやプロフィールを掲載したホームページだけは

持っているのがおすすめです。

ホームページでメニューや料金を確認して

問合せをくださる方が多いからです。

 

最後に

今回はTAさんのブログ運営のコツを書いてみました。

 

・すぐにご褒美をうけとる×繰り返し のパターンをみつける

・自分自身をみせてお役立ち記事を書かない(上級)

・あの人を思い浮かべて書く

・書かない方法を模索する

 

といったものでしたね。

 

ぜひこの中から自分にあった方法を試してみてくださいね(^^♪

 

 

 

自分がどのポジションかわからない、自信がない方は

4つのポジショニングセミナーをどうぞ。

(めっちゃ役に立ちますよ♡)

▶4つのポジショニングセミナーの詳細