【4つポジ】TA(トップアタック)は素直になれる力なのかも

4つのポジショニングセミナー講師もしているので

今回は4つのポジションネタを。

(4つポジと略しますね)

 

先日、ある方とお話をしているときに

「でも、夫の前では、わたしはTA(トップアタック)なんです」

「きゃーきゃーできちゃうんです」

と言われてまして。

 

そうそう、4つのポジションって、それぞれの人で基本的に強い場所はあるのですけど

「場所」でも「人」でも「人生」でも、何が強くなるのか違うんですよー。

 

で、今回の話、すごく素敵だなーと思って聞いていたんですね。

 

なぜかというと

TA(トップアタック)は「子どもの力」とも言われていて

安心して、その場にいる相手に委ねることができているから

子どもの力を出すことができるんですね。

素敵な関係じゃないですかーー!!

 

あ、「子どもの力」ってとってもいいものなんです。

 

子どもの頃って、色んなことにどんどん挑戦できますよね。

でも、大人になると、色々考えて動けなくなるでしょ?

社会的にどうなのかなー?とか、人からどう見られれるんだろう?とか。

そうなると、どんどん可能性が狭くなっていっちゃう訳。

 

だから、子どもの力って可能性とか、未来を開いていく力なんですね。

 

TAは「とってもアホの略」とか言われてネタにされてますが…

わたしはTAの力は大好きですねー!!

 

以上、TAっていいよ、TAへの愛の告白でした。